PET LIFE NOTE
 
PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE


較的手軽に入手できるペットショップだからこそ「目があって一目ぼれ」なんていう安易な衝動買いは避けましょう。

いいペットショップの条件 (目安としてお考え下さい)

   1 ペットのオシッコやウンコをすぐに片付け、清潔な環境で飼育している。
   2 ペットのストレスがかからないように陳列する時間を制限している。
   3 スタッフの知識が豊富で、飼い方などの質問に快く答えてくれる。
   4 お客への対応が親切で信頼できる獣医さんを紹介してくれる。
   5 お客の手を消毒させてからペットにふれさせる。
   6 ペットが店にくるまでのルートをきちんと把握して説明できる。
   7 生後50日未満のペットを販売していない。 
   8 ペットに対して適切な時期にワクチンなどを接種している。
   9 深夜営業をしていない。
  10 スタッフ全員が愛情を持ってペットに接している。

ペットショップの店舗数というのはすごく多く、いいお店もあれば前を通るのもイヤなくらいに質の悪いお店というのもあります。

私達飼い主に共通している思い、それはいいお店が増えることだと思います。
商品ではありますが、動物達がきちんと管理され、ストレスの少ない状況で展示されているお店であれば私達は気持ち良くそのお店と付き合えることでしょう。

ペットショップというのは、私達普通の飼い主に比べて多くの種類、多くの頭数を扱っている場所です。それだけに私達の知らない知識やアイデアを持っていることも少なくありません。展示されているペットを見て疑問に思ったことや飼っていて悩んでいることがあるならば、店員さんに聞いてしまいましょう。はずれることもありますが、教えられることもあるものです。

ペットショップ選びに欠かせないのは、やはり、雰囲気の良さと、丁寧な対応、そして元気なペットですよね。いいお店を見極めることも、飼い主の責任ではないでしょうか。

私達がいいお客さんになることで、いいペットショップが増える可能性があります。
悪い点を探して文句ばかり言うのではなく、お互いに気持ち良く付き合えるような関係を持てるお客さんになりましょう。そうすることで、良い点の多いお店を増やすことができるでしょう。

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE