PET LIFE NOTE
 
 
 
  飼う前に ペットの選び方 いいペットショップ ペットの飼い方 ペットとのお別れ お問い合わせ


PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE



わいいペットといつまでも一緒にいたいと願うのは当然のことです。しかし、この世に永遠の命など存在しません。残念ながら、可愛いペットも人間と同じように命の限りがあるのです。亡くなればつらく悲しいものですが、たくさんの思い出をつくってくれた大切なペットのためにきれいに最期を飾ってあげましょう。このページでは、可愛いペットが亡くなってしまったときの対処法をご紹介します。

亡くなったらまず、次のことをしてあげましょう。

安置する
・日差しの当たらない涼しい場所を選んで安置します。箱に入れるか、タオルなどを敷いてあげてください。ペット専用の棺を売っているところもあります。

冷やす
・濡らした布などでペットの体を清めてあげましょう。暑い季節は氷などでなるべく体を冷やしてあげてください。

準備する
・愛用品などいっしょに燃やしてあげるものも準備しておきましょう。できれば花などを手向けて、小さな祭壇をつくってお別れのときを待つといいでしょう。
〜 ペットといっしょに火葬できるもの 〜
・お花
・好きだった食べ物
・小さな愛用品(金物やプラスチック類などは火葬できません。)

連絡する
・庭や土地のある方は、そのまま土葬してあげるのもひとつの方法ですが、そうでない場合は、お近くの火葬を行う業者に連絡しましょう。

 

火葬について

亡くなってしまったら、その遺体をそのままほうっておくわけにはいきません。人間と同じように、すぐに業者を決定し、火葬してもらうのが一般的です。

  1. 自分で火葬場まで運んでいく
    火葬場を決めたら、自分で車などで運んでいく方法です。一番安価にすみます。
  2. 搬送車・送迎車で火葬場まで運んでもらう
    ペット専用の搬送者で迎えに来てくれる業者が数多くあります。特に大きなペットの場合、専用車で運ばなければならない場合があります。
  3. 移動火葬車に出張してもらい自宅で火葬する
    移動式の、車内に火葬炉を積んだ車に出張してきてもらい、自宅近所で火葬します。ぺットの大きさに制限がある場合がありますのでよく確認してください。

 

供養について

火葬したペットの遺骨をご自宅で供養する場合と葬儀場、霊園などの納骨堂で供養する方法があります。中には供養塔、慰霊碑など永代供養をしてくれるところもあります。
供養の期間は飼い主の方のお気持ちの整理の問題ですから、いつまでといったはっきりした区切りがあるわけではありません。一般的に、霊園や納骨堂では仏教にのっとった初七日、四十九日、命日など法要するケースが多いようです。

 

ペット霊園について

ペットの霊園(墓地)には共同墓地、個別墓地があります。最近はペット専用の霊園が数多くできています。火葬の葬儀社が運営している場合と葬儀社がお寺や霊園などと提携している場合等があります。お近くの霊園、お気に入りの霊園をさがして納骨、供養してあげましょう。基本的にペット霊園へのお墓や納骨堂への墓参りはいつでもできるようです。

 

pickup

エプロン販売
http://amebeaute.com/

2016/5/25 更新

 


PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

Copyright(c) 2008. PET LIFE NOTE. All rights reserved.