PET LIFE NOTE
 
 
 
  飼う前に ペットの選び方 いいペットショップ ペットの飼い方 ペットとのお別れ お問い合わせ


PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE



ペットを飼う前に

、ペットとして飼われる動物の種類は、ほんとにたくさん増えています。一昔前なら犬、猫、小鳥だけだっただろうけど、今はハムスターやウサギなどの小動物や爬虫類、昆虫までもペットとして飼われています。 


飼い主にはペットが生きるための必要最低限の世話をする義務があります。毎日食事を与え、衛生面に気をつけて病気から守り、必要な運動をさせ健康を維持する。必要最低限ですから、すごく簡単なことだけなのですが、これが守れない人もいることは事実です。


小動物は室内で飼うことが基本ですからあまり外から見ることができませんが、あなたは、こんな犬や猫を見たことはないでしょうか?

・庭につなぎっぱなしで土の入った水しか飲めないでいる犬。
・皮膚炎を起こし、辛そうにしている猫。


こんなペットたちは、飼い主が飼い主としての義務を果たさないせいで、苦しい生活を強いられていると言えます。また、ペットが人間に危害を与えることのないように飼うことも飼い主の義務です。動愛法はペットのための法律と考えている方が多いそうなのですが、ペットのためだけの法律ではありません。ペットを守るとともに、人間をペットから守る法律でもあるんです。


・どんなに訓練できていても、犬を散歩させるときにはリードをつける。
・狂犬病のように人間に感染することもある感染症は予防する。


といったことは飼い主の義務になります。飼い主はペットの世話だけでなく、飼い主としてのマナーも守らないといけないのです。

そして、飼い主としての責任を果たさない場合や飼育放棄してペットを捨てることも許されません。もしペットを捨てた場合には、罰則があります。

ットを捨てた場合、30万円以下の罰金が科せられます。犬猫の場合には、行政が引き取り業務を行っておりますので、どうしても飼い続けることができず、新しい飼い主が見つけられない場合には、行政機関に相談しましょう。

小動物の場合には、行政に引き取り義務はありません。引き取ってくれることもあるのかもしれませんが、新しい飼い主を探す努力をしてください。どうしても見つからない場合には、動物病院で安楽死させることを検討してください。決して、捨てないでください。小さなペットたちは捨てられても苦しむだけで生き延びれません。

ペットを捨てなくとも、飼い主の義務を果たさない場合や動物を虐待した場合には罰則があります。エサを与えないで衰弱させたりした場合(飼い主の義務を怠った場合)は30万円以下の罰金。虐待は、虐待の程度により変わるのでしょうが、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。
閑話休題ということで・・・。少しフレンチブルドッグのお話を、誕生は19世紀のイギリスで日本に渡ったのは大正とされています。だいぶ昔から日本人に慣れ親しんできた犬種なんですね。

法的にはペットは飼い主の「所有物」であり、何をしても構わないと考えている方もいるのかもしれません。でもそれは大きな間違いです。ペットが生き物である以上、所有物であっても生命を尊重し、きちんと管理しなければいけないのです。それが、わからないようではその人はペットを飼う資格はありません。ペットを飼うということは、ペットと人が快適に共同生活をできる環境にすることが大切なのです。

これからペットを飼おうと思っていらっしゃる方は、コチラの内容を理解し、楽しく共同生活が出来る方であることを願っています。

Favorite

成人式 前撮り 岡山
http://seijinshikimaedori-okayama.jp/
iPhoneの修理を福島でする
http://iphonesyuuri-naritaya.com/shop5/
横浜でユニットバスをリフォームするなら
http://pb-reform.jp/bathroom/
ゲッティーズ
http://www.mozambique-holidays.org/

2016/12/27 更新

 

 


PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

Copyright(c) 2008. PET LIFE NOTE. All rights reserved.